B型肝炎給付金を受け取れるかもしれません!

B型肝炎給付金は

集団予防接種で感染した人
  ・生年月日が昭和16年7月2日~昭和63年1月27日の間で、7歳までに予防接種を受けている。
・B型肝炎ウィルスに感染している。
・予防接種等以外の感染原因がない

母子感染した人
・「集団予防接種で感染した人」の条件を満たしている
・B型肝炎ウィルスに感染している
・母子感染以外の感染原因がない

が貰える給付金です。

給付金を受け取れる多くの方が受け取っていないのが現状です。

後遺障害等級の事前認定と被害者請求について

交通事故に遭い怪我をしてしまうと、怪我の治療が終わった後にもいろいろな症状に悩むことが少なくありません。
その症状により介護が必要な状態など生活に支障が出たり、また労働能力が低下すると後遺障害として認定されます。
後遺障害が残ったことが認定されると、入院と通院の慰謝料とは別に障害の慰謝料を請求することができます。
また、労働能力の低下により将来的にもらえるはずの収入が減るので、その分を逸失利益という項目で賠償請求できます。

交通事故 弁護士

後遺障害には等級という制度があって、障害分の慰謝料や逸失利益は等級によって金額が変わってきます。
ですから、後遺障害の賠償請求をするにはまずは傷害の等級認定を申請しなくてはなりません。
後遺障害の等級は、医師の診断書や検査報告書など所定の書類をそろえて提出すると自賠責保険の審査会が認定します。
そして、後遺障害等級の認定申請の手続きの方法はふたつあります。


まずひとつめが、加害者が契約している任意保険の会社に全て任せる事前認定という申請です。
事前認定では相手の保険会社が全ての手続きをしてくれるので被害者は何もしなくてすみますが、
提出される書類などを自分で見ることができないため認定された等級に不透明感が残ることがあります。


もうひとつの申請方法は被害者請求と言い、被害者が自分で書類その他を整えて申請する方法です。
後遺障害の等級はその後請求する慰謝料や逸失利益の金額に直結しますから、内容が納得しにくい事前認定はおすすめしません。


早めに交通事故 弁護士にサポートを依頼し、もっとも高い賠償金の基準(弁護士基準)で請求してもらいましょう。

人気のある記事

最近の投稿

会社名
株式会社○○○○○○○○